「瓶を振る者」が得る8つのメリットと社会への影響-対立煽る誘惑に負けず、対話と理解で調和を目指せ ~次元上昇への道

次元上昇に伴う「瓶を振る者」の出現 -ふるい落としの過程で生じる対立と分断-

私たちは今、地球規模でアセンションと呼ばれる次元上昇の過程を経験しています。この過程は、人類の意識が新しい次元へと移行する一方で、古い次元の悪しきエネルギーがふるい落とされていく段階でもあります。

アセンションの過程では、私たちの内面に潜む恐れ、怒り、嫉妬、欲望といった低い振動のエネルギーが表面化します。これは、私たちが自分自身と向き合い、これらのエネルギーを手放していくための重要な機会なのです。

しかし、このふるい落としの段階で、「瓶を振る者」と呼ばれる存在が現れることがあります。彼らは、自分の内面の闇と向き合うことを避け、代わりに他者や社会との対立を煽ることで、自分の欲望や恐れを満たそうとします。

「瓶を振る者」は、政治、経済、メディア、ソーシャルメディアなど、様々な分野で活動します。彼らは、人々の不安や怒りに付け込み、扇情的な言動で注目を集めます。そして、自分たちの権力や利益を維持・拡大するために、社会の分断を助長するのです。

例えば、政治の分野では、「瓶を振る者」は対立候補を攻撃し、支持者の感情を煽ることで票を獲得しようとします。メディアの分野では、扇情的な報道で社会の分断を助長し、視聴率やクリック数を稼ごうとします。ソーシャルメディアでは、匿名性を利用した誹謗中傷やフェイクニュースの拡散が、対立を深刻化させています。

これらの行為は、アセンションのふるい落としの過程で生じる対立と分断の具体例です。「瓶を振る者」は、古い次元のエネルギーに基づく欲望や恐れに突き動かされ、社会の調和を乱そうとしているのです。

私たちは、「瓶を振る者」の存在を認識し、彼らの行動の背後にある古い次元のエネルギーを理解する必要があります。そして、自分自身の内面と向き合い、これらのエネルギーを手放していくことが求められます。

同時に、「瓶を振る者」が引き起こす対立と分断に惑わされることなく、対話と理解を通じて社会の調和を目指すことが重要です。それは、私たち一人一人の意識の進化によってもたらされる、新しい次元へのアセンションの道なのです。

権力の維持・拡大 ~政治家や政府機関の戦略~

政治的分断の利用

政治家や政府機関は、しばしば社会的な分断を利用して自らの利益を追求します。これは、特定のグループを敵視することで支持者を結束させ、選挙戦略や政策の推進に役立てるためです。以下に、具体的な戦略とその影響について詳しく説明します。

1. 恐怖と不安を煽るキャンペーン

政治家はしばしば、恐怖や不安を煽ることで支持を集める戦略を取ります。これは、特定の問題やグループに対する懸念を強調することで、有権者の感情を操作する方法です。

  • 移民問題:移民に関する恐怖を煽ることで、自国の安全や経済に対する不安を強調する政治家がいます。例えば、「移民が犯罪を増加させる」といった誇張された主張を繰り返すことで、有権者の支持を得ることができます。
  • テロリズム:テロリズムの脅威を強調することで、安全保障に関する政策を正当化し、支持を集めることがあります。具体的には、特定の宗教や民族グループをテロリストと結びつける発言がなされることがあります。

2. ポピュリズムと分断の利用

ポピュリズムとは、一般市民の支持を得るためにエリートや特権階級を批判する政治手法です。これにより、「我々対彼ら」の構図を作り出し、社会の分断を助長することがあります。

  • 反エリートの言説:政治家がエリートや特権階級を批判することで、一般市民の共感を得る手法です。例えば、「エリートが国を支配し、一般市民を搾取している」といった主張をすることで、支持者を結集させます。
  • ナショナリズムの強調:国民の愛国心を強調し、外部の敵や内部分断を煽ることで支持を集める方法です。例えば、他国との対立を煽ることで、国民の団結を図り、政権の支持を強化します。

3. 選挙戦略としての分断

選挙期間中、政治家は分断を利用して特定の有権者グループをターゲットにすることがあります。これにより、対立を煽りつつも、特定の支持基盤を固める戦略です。

  • ターゲット広告:特定の有権者グループに対して、分断的なメッセージを含む広告を配信することがあります。これにより、そのグループの支持を集め、選挙での勝利を目指します。
  • デジタルキャンペーン:ソーシャルメディアやデジタルプラットフォームを利用して、分断的なメッセージを広めることで、有権者の感情を操作し、選挙の結果に影響を与えることがあります。

4. 法律と政策の利用

政治家や政府機関は、分断を利用して特定の法律や政策を推進することもあります。これにより、自らの権力基盤を強化し、反対勢力を弱体化させることができます。

  • 選挙法の改正:選挙法を改正して、自らに有利な選挙制度を作り上げることがあります。例えば、選挙区の区割りを操作するゲリマンダリングが行われることがあります。
  • 緊急事態宣言:緊急事態を理由にして、特定の自由や権利を制限する政策を導入することがあります。これにより、反対勢力を抑え込み、政権の安定を図ります。

5. 外交政策としての分断

外交政策においても、分断を利用することがあります。特定の国や国際組織との対立を煽ることで、国内の支持を集める手法です。

  • 敵国の設定:特定の国を敵視することで、国内の団結を図ることがあります。例えば、「我々の国の敵はあの国だ」というメッセージを繰り返すことで、国民の愛国心を煽ります。
  • 国際組織への批判:国際組織や協定に対する批判を通じて、自国の主権を強調し、国内の支持を集めることがあります。例えば、「国際組織が我々の国益を損なっている」という主張が行われることがあります。

政治家や政府機関は、様々な方法で社会的な分断を利用し、自らの利益を追求しています。恐怖や不安を煽るキャンペーン、ポピュリズム、選挙戦略としての分断、法律と政策の利用、外交政策としての分断など、具体的な戦略が存在します。私たちは、これらの戦略に惑わされず、冷静に判断することが求められます。対立を煽る者の意図を見抜き、協力と理解を重視することで、より健全な社会を築くことができるでしょう。

ソーシャルメディアのアルゴリズムが生み出す “瓶を振る” 効果

アルゴリズムの役割

ソーシャルメディアプラットフォームは、ユーザーのエンゲージメントを高めるために、複雑なアルゴリズムを使用しています。これらのアルゴリズムは、ユーザーの関心を引くコンテンツを優先的に表示するように設計されています。具体的には、以下のような要素が考慮されます。

  • いいねやシェアの数:多くの反応を得ている投稿は、アルゴリズムによって優先的に表示されます。
  • コメントの数:コメントが多い投稿は、エンゲージメントが高いと見なされ、他のユーザーにも表示されやすくなります。
  • 閲覧時間:ユーザーが長時間閲覧する投稿は、興味深いと判断され、他のユーザーにも表示される確率が高まります。

感情的に刺激的なコンテンツの優先表示

アルゴリズムは、感情的に強い反応を引き起こすコンテンツを優先する傾向があります。これは、人間が感情的な情報に対して強く反応する性質を利用したものです。具体的な例として、以下のようなコンテンツが挙げられます。

  • 政治的対立を煽る投稿:政治的な意見が極端であるほど、反応が激しくなりやすいため、アルゴリズムはこれを優先表示します。例えば、過激な政治的意見やデマ情報は、多くのコメントやシェアを引き起こしやすいです。
  • ショッキングなニュース:驚きや恐怖を引き起こすニュースは、ユーザーの関心を引きやすいため、アルゴリズムによって広まりやすくなります。例として、犯罪や災害に関するニュースが急速に拡散することがあります。
  • センセーショナルな見出し:誇張された見出しやクリックベイトと呼ばれる手法も、ユーザーのクリックを誘導するため、アルゴリズムによって優先されます。

フィルターバブルとエコーチェンバー

アルゴリズムのもう一つの問題点は、フィルターバブルやエコーチェンバーを生み出すことです。これは、ユーザーが自分の既存の信念や意見を強化する情報ばかりを目にするようになる現象です。

  • フィルターバブル:アルゴリズムは、ユーザーが過去に関心を示したコンテンツをもとに、類似した情報を優先して表示します。これにより、ユーザーは自分と同じ意見を持つ人々の情報だけを受け取ることになり、異なる視点に触れる機会が減ります。
  • エコーチェンバー:ユーザーが同じ意見を持つ人々とだけ交流する環境が形成され、特定の意見や情報が反復され、強化されます。これにより、対立が激化し、社会全体の分断が進むことがあります。

偽情報の拡散

アルゴリズムは、しばしば偽情報の拡散を助長します。これは、偽情報が感情的に強い反応を引き起こしやすいためです。具体的な例として、以下のようなケースが挙げられます。

  • 選挙期間中の偽情報:選挙期間中に広まる偽情報は、有権者の意識を操作し、選挙結果に影響を与える可能性があります。例えば、特定の候補者に関する誤った情報が急速に拡散し、その候補者への支持が減少することがあります。
  • 健康に関するデマ:例えば、特定の食品や飲料が「奇跡的な健康効果を持つ」といった誤った情報が拡散されることがあります。このようなデマは消費者の行動を誤った方向に導き、健康に対する過度な期待や誤解を生む可能性があります。結果として、消費者は不必要な商品にお金を使うことになり、真の健康管理を怠ることがあります。

対策と課題

ソーシャルメディアプラットフォームは、偽情報の拡散や対立の激化を防ぐために、様々な対策を講じています。しかし、完全な解決には至っていないのが現状です。

  • ファクトチェック:偽情報を検出し、訂正するために、ファクトチェックの仕組みが導入されています。しかし、全ての偽情報を迅速に対応することは難しいです。
  • アルゴリズムの改善:アルゴリズムを改善し、感情的に刺激的なコンテンツを過剰に優先しないようにする試みが行われています。しかし、これも完全には解決できていません。

ソーシャルメディアのアルゴリズムは、ユーザーのエンゲージメントを高める一方で、感情的に刺激的なコンテンツを優先し、対立や偽情報の拡散を助長する側面があります。私たちは、これらの影響を理解し、情報を批判的に受け止める姿勢が求められています。また、ソーシャルメディアプラットフォーム自体も、アルゴリズムの改善と偽情報対策を強化する必要があります。

経済的利益を追求する企業

恐怖と不安を利用したマーケティング

企業は消費者の恐怖や不安を利用して、商品の売り上げを伸ばす戦略を取ることがあります。これには、健康、セキュリティ、金融などの分野で、消費者が不安を感じやすいテーマがよく利用されます。

  • 健康産業:健康食品やサプリメントの市場では、消費者の健康に対する不安を煽る広告が多く見られます。例えば、「このサプリメントを摂取しないと病気になる」といった誇張された主張や、「奇跡のダイエット法」といったセンセーショナルな宣伝が行われます。これにより、消費者は不安を感じ、商品を購入するようになります。
  • セキュリティ産業:防犯機器やソフトウェアの市場でも、犯罪やサイバー攻撃の脅威を強調することで商品を売り込む戦略があります。例えば、「この防犯カメラがなければ家族の安全が脅かされる」といった広告が出され、消費者の不安を煽ります。
  • 金融産業:金融商品や保険の市場では、経済的不安や将来のリスクを強調することで、消費者に商品を購入させます。例えば、「将来のために今すぐ投資を始めないと、老後が不安定になる」といった広告が行われます。

エコノミック・フィアポルノ

エコノミック・フィアポルノ(Economic Fear Porn)とは、経済的不安を過剰に煽ることで、商品やサービスを売り込む手法を指します。これは、特に金融市場や不動産市場においてよく見られます。

  • 金融市場の不安定性:株式市場の下落や景気後退の予測を過剰に強調することで、投資家に特定の金融商品(例えば、安全資産である金や債券)を購入させる戦略があります。ニュースメディアやアナリストが「市場は崩壊寸前」といった見出しを使うことで、不安を煽ります。
  • 不動産市場の恐怖:不動産市場のバブルや崩壊を強調することで、消費者に不動産投資を促す戦略もあります。例えば、「今すぐ家を買わないと、価格が急騰して手に入らなくなる」といった主張がなされます。

ダークパターンと心理的操作

企業は、消費者の行動を操るために、ダークパターンと呼ばれる心理的な操作技術を使用することがあります。これにより、消費者は意図しない購入や契約をしてしまうことがあります。

  • タイムリミットの設定:期間限定のオファーやカウントダウンタイマーを使用することで、消費者に「今すぐ購入しないと損をする」という感覚を与えます。これにより、消費者は冷静な判断をする時間を与えられずに購入してしまいます。
  • サブスクリプションの自動更新:無料トライアル期間後に自動的に有料サブスクリプションに移行する仕組みを利用し、消費者が気づかないうちに契約が継続されることがあります。キャンセル手続きを複雑にすることで、消費者が解約を諦めることを狙います。
  • 隠れた料金:購入手続きの最後のステップで追加料金を表示することで、消費者が既に購入を決断している状態で追加費用を受け入れざるを得なくなる状況を作り出します。

偽情報の拡散

企業は、自社の商品やサービスを有利に見せるために、偽情報を拡散することがあります。これにより、消費者は誤った情報に基づいて購入を決定してしまいます。

  • 誇大広告:製品の効果や性能を実際よりも優れているように見せる広告が行われることがあります。例えば、スキンケア製品が「奇跡の若返り効果がある」といった誇張された主張が行われます。
  • レビューの操作:オンラインレビューを操作することで、商品の評価を実際よりも高く見せることがあります。偽のレビューを投稿したり、ネガティブなレビューを削除することで、消費者の判断を誤らせます。

サステナビリティとエシカルマーケティングの悪用

最近では、サステナビリティやエシカルなビジネスプラクティスを強調する企業が増えていますが、中にはこれを偽りのマーケティング手法として利用するケースもあります。これを「グリーンウォッシング」と呼びます。

  • 環境に優しいと誤認させる:企業が実際には環境に悪影響を与えているにもかかわらず、製品やサービスが環境に優しいと誤認させる広告を行うことがあります。例えば、プラスチック製品に「エコフレンドリー」のラベルを貼るだけで環境への配慮を示すように見せるケースです。
  • 社会貢献活動の誇張:企業が行う社会貢献活動を過剰に強調し、実際にはごく一部の利益しか社会に還元していない場合があります。これにより、消費者はその企業が社会的に責任を果たしていると誤解します。

経済的利益を追求する企業は、消費者の恐怖や不安を利用し、様々な手法で商品やサービスを売り込むことがあります。健康産業、セキュリティ産業、金融産業における具体的な例や、エコノミック・フィアポルノ、ダークパターン、偽情報の拡散、そしてサステナビリティの悪用など、企業が取る戦略は多岐にわたります。私たちは、これらの戦略を理解し、情報を批判的に受け止める姿勢が求められます。消費者として、冷静な判断をすることで、より健全な選択を行うことができるでしょう。

注目の獲得とイデオロギーの推進

“瓶を振る者”は、扇情的な言動で注目を集め、自らの存在感を高めることを目的としています。彼らは、過激な発言や行動で人々の関心を引き付け、自分のメッセージを広めようとします。また、対立を利用して自らの信念や価値観を推進することも、彼らの重要な動機の一つです。

ソーシャルメディアは、”瓶を振る者”が注目を集めるための格好の舞台となっています。匿名性を利用した誹謗中傷や、根拠のない主張の拡散は、人々の感情を刺激し、大きな反応を呼び起こします。”瓶を振る者”は、こうした反応を利用して自らの存在感を高め、フォロワーを増やそうとするのです。

例えば、ある政治家が民族差別的な発言をソーシャルメディアに投稿したとします。これは明らかに対立を煽る行為ですが、同時に大きな注目を集めることにもつながります。多くの人々が怒りや憤りを感じ、その発言を批判するでしょう。しかし、一方で、その政治家の支持者は、発言に同調し、擁護するかもしれません。こうして、”瓶を振る者”は注目を集め、自らの存在感を高めることができるのです。

また、”瓶を振る者”は自らのイデオロギーを推進するために、対立を利用することもあります。特定の信念や価値観を絶対的なものと位置づけ、それに反する意見を敵視するのです。こうして、社会の分断を助長し、自らのイデオロギーを広めようとします。

例えば、宗教的な過激派は、自分たちの教義を絶対的なものと捉え、他の宗教や価値観を攻撃の対象とします。彼らは、自分たちの信念に同調しない者を「敵」と見なし、時には暴力的な行動に出ることもあります。こうした行為は、社会の分断を深刻化させ、対話の機会を奪ってしまいます。

政治的なイデオロギーについても同様のことが言えます。特定の政治思想を絶対化し、他の意見を排除することで、社会の対立を煽るのです。”瓶を振る者”は、こうしたイデオロギーの対立を利用して、自らの影響力を拡大しようとします。

これらの行為は、アセンションの過程で乗り越えるべき、古い次元のエネルギーの表れです。私たちは、”瓶を振る者”の扇動に惑わされることなく、多様な意見を尊重し、対話を通じて相互理解を深めていく必要があります。それが、新しい次元へとシフトするための重要な鍵となるのです。

支持者の結束強化と自己利益の追求

“瓶を振る者”は、外部の「敵」を作り出すことで内部の結束を強化し、自己利益を追求しようとします。彼らは、特定の集団を攻撃の対象として設定し、支持者の不安や怒りを煽ることで、グループ内の一体感を高めるのです。また、社会の分断を利用して、自分たちの利益を優先的に追求することも、彼らの重要な動機の一つです。

人種や民族、宗教、性的指向などを理由に特定の集団を攻撃することは、”瓶を振る者”が支持者の結束を強化するためによく用いる手法です。彼らは、自分たちとは異なる集団を「脅威」や「敵」と位置づけ、支持者の不安を煽ります。そして、自分たちこそがその「脅威」から社会を守る存在だと訴えかけるのです。

例えば、ある政治家が特定の民族を犯罪者呼ばわりし、追放すべきだと主張したとします。この発言は、明らかにその民族に対する差別を助長するものです。しかし、一方で、この政治家の支持者の中には、同様の不安や偏見を抱えている者もいるでしょう。彼らは、政治家の発言に共感し、自分たちの「敵」に立ち向かう勇気ある指導者だと感じるかもしれません。こうして、支持者の結束が強化されていくのです。

また、”瓶を振る者”は社会の分断を利用して、自分たちの利益を優先的に追求しようとすることもあります。彼らは、対立を煽ることで人々の注意を引き付け、自分たちに有利な政策を推し進めるのです。

例えば、ある企業が環境規制の緩和を求めているとします。この企業は、環境保護を訴える団体を「経済発展の敵」と位置づけ、対立を煽ることで世論の支持を得ようとするかもしれません。そして、政治家と結託し、規制緩和を実現することで、自社の利益を優先的に追求するのです。

これらの行為は、いずれも “瓶を振る者” が支持者の結束を強化し、自己利益を追求するために、社会の分断を利用していることを示しています。彼らは、アセンションの過程で生じる混乱を、自分たちの地位や利益を高めるための機会と捉えているのです。

しかし、こうした行為は、社会の調和を損ない、人々を対立に巻き込むものです。私たちは、”瓶を振る者”の戦略に惑わされることなく、多様性を尊重し、互いの立場に理解を示すことが大切です。そして、対話を通じて、社会全体の利益につながる解決策を見出していく必要があります。それが、新しい次元へとシフトするために求められる私たちの姿勢なのです。

責任の回避とストレス発散

“瓶を振る者”は、自分自身の責任から逃れるために、他者や社会との対立を利用することがあります。問題の根本的な解決を避け、他者の非難に終始することで、自らの責任を回避しようとするのです。また、自分の不満やストレスを、対立相手に向けて発散することも、彼らにとっての重要な動機の一つです。

世代間対立は、”瓶を振る者”が責任を回避するためによく用いる手法の一つです。例えば、年長者が若者を「わがままで怠惰だ」と批判し、社会問題の原因は彼らにあると主張したとします。この発言は、世代間の理解不足や価値観の違いから生じる対立を助長するものです。しかし、同時に、年長者自身が社会問題の解決に向けて行動することを避け、責任を若者に押し付けようとしているとも解釈できます。

また、政治家が自分の失政の責任を野党や前政権に転嫁することも、責任回避の一例と言えるでしょう。自分たちの政策の誤りを認めず、すべての問題を相手のせいにするのです。こうして、建設的な議論や解決策の模索が妨げられ、対立ばかりが先鋭化していきます。

一方、”瓶を振る者”は、自分の不満やストレスを発散するために、対立を利用することもあります。匿名性の高いソーシャルメディア上で、相手を攻撃し、憎しみをぶつけることは、その典型例と言えるでしょう。

例えば、ある人物が日頃の仕事のストレスから、ソーシャルメディア上で特定の集団を誹謗中傷したとします。この行為は、明らかに相手を傷つけ、対立を生むものです。しかし、”瓶を振る者”にとっては、自分の負のエネルギーを発散し、ストレスを緩和する手段なのです。

また、スポーツやゲームの場面でも、似たような行動が見られることがあります。相手チームや相手プレイヤーを過剰に攻撃し、憎しみをぶつけることで、自分のストレスを発散しようとするのです。こうした行為は、健全な競争心とは異なり、対立を深刻化させるだけです。

これらの行為は、いずれも “瓶を振る者” が責任から逃れ、ストレスを発散するために、対立を利用していることを示しています。しかし、こうした行動は、問題の根本的な解決を妨げ、社会の分断を深刻化させるだけです。

私たちは、”瓶を振る者”の行動に惑わされることなく、自分自身の責任と向き合い、建設的な方法でストレスに対処することが大切です。そして、対話を通じて相手を理解し、互いに支え合える関係を築いていくことが求められます。それが、新しい次元へとシフトするために必要な、意識の進化なのです。

アセンションの過程で生じる対立と分断を乗り越えるために - 対話と理解で新しい次元への扉を開く -

アセンションの過程では、私たちの内面に潜む古い次元のエネルギーがふるい落とされ、対立と分断が生じることがあります。”瓶を振る者”と呼ばれる存在は、こうした混乱を利用して、自らの権力や利益を追求しようとします。彼らは、扇情的な言動で社会の分断を煽り、人々の不安や怒りに火をつけるのです。

政治、経済、メディア、ソーシャルメディアなど、様々な分野で活動する “瓶を振る者” の行動は、いずれも古い次元のエネルギーに基づくものです。彼らは、権力の維持・拡大、経済的利益の追求、注目の獲得、イデオロギーの推進、支持者の結束強化、自己利益の追求、責任の回避、ストレスの発散などを目的として、対立を利用しているのです。

しかし、こうした行為は、アセンションの過程で乗り越えるべき課題であり、新しい次元へとシフトするための試練でもあります。私たちは、”瓶を振る者”の誘惑に惑わされることなく、自分自身の内面と向き合い、古い次元のエネルギーを手放していく必要があるのです。

そのためには、対話と理解を通じて、社会の調和を目指すことが不可欠です。私たちは、多様な意見や立場を尊重し、互いの痛みや苦しみに共感することから始めなければなりません。そして、建設的な議論を通じて、対立を乗り越え、Win-Winの解決策を見出していくことが求められます。

具体的には、以下のようなアプローチが考えられます。

  1. 自分自身の内面と向き合い、恐れや怒り、欲望といった古い次元のエネルギーを手放す。
  2. 相手の立場に立って考え、共感することで、対話の土台を築く。
  3. 事実に基づいた建設的な議論を心がけ、扇情的な言動に惑わされない。
  4. 社会全体の利益を優先し、自己利益の追求に囚われない。
  5. 責任から逃れずに、問題の根本的な解決を目指す。
  6. ストレスは建設的な方法で発散し、他者への攻撃に向けない。
  7. 多様性を尊重し、異なる意見や価値観を受け入れる。
  8. 対立を乗り越えるための創造的なアイデアを積極的に提案する。

アセンションの過程で生じる対立と分断は、私たちの意識の進化を促すための試練でもあります。”瓶を振る者”の誘惑に負けることなく、対話と理解を通じて調和を目指すことが、新しい次元への扉を開く鍵となるのです。

私たちは今、大きな変容の時代を生きています。一人一人が自分自身と向き合い、古い次元のエネルギーを手放していくことが求められているのです。そして、互いに手を取り合い、対話と理解を通じて、新しい次元へとシフトしていく。それが、アセンションの過程で私たちに与えられた課題であり、希望なのです。

あわせて読みたい
AIが生み出す新たな脅威: フィルターバブルとエコーチェンバーの落とし穴 Filter Bubbles and Echo Cha... AIがもたらす光と影 AIの急速な発展は、私たちの生活に多大な影響を与えています。AI技術は、これまで人間が行ってきた作業を自動化し、効率化することで、私たちの生活...
あわせて読みたい
【5次元移行とアセンション】あなたの意識は進化する? スピリチュアルと科学の交差点 5th Dimensional... 新しい時代の幕開け〜5次元移行とアセンションが示唆する意識進化の可能性〜 近年、スピリチュアルな世界で「5次元移行」や「アセンション」という言葉が大きな注目を集...
あわせて読みたい
5Dアセンション目前!? 2024年、人類は5次元へ移行するのか? 5D Ascension Imminent!?  新たな意識の夜明け 私たちの世界は、かつてない速さで変化しています。技術の進歩、社会的なシフト、そして地球自体の変容。しかし、これらの物理的な変化の背後には、...
あわせて読みたい
【2024年の衝撃】人類の次なるステージ「アセンション」がもたらす未来とは? Ascension 2024 アセンションとは何か? 「アセンション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、人類が新たな進化のステージへと移行することを意味する、スピリチュアルな...
あわせて読みたい
銀河の中心からのメッセージ:フォトン・ベルトがもたらす次元上昇の秘密 Photon Belt Secret 銀河の中心からの神秘的なエネルギー 私たちの銀河系の中心には、非常に強力で神秘的なエネルギーが存在しています。それは、ブラックホールと呼ばれる超大質量の天体か...
あわせて読みたい
エントロピー、マルチバース、アセンション。宇宙の謎に迫る壮大な物語 The Grand Tale of Entropy エントロピー、マルチバース、アセンション。私たちの世界を読み解く鍵 今日は、一見関連性がなさそうに見える「エントロピー」、「マルチバース」、「アセンション」と...
あわせて読みたい
アセンションの鍵は「フォトン・ベルト」にあり? フォトン・ベルトとは、太陽系の外縁部に存在する、高エネルギーの光線帯のことです。このフォトン・ベルトが地球に接近することによって、アセンション(人間の意識の...
PR

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次